『御堂筋パレードになんで参加するのか?』



まず・・・
  御堂筋パレードを見たことがある人が、仲間内から誰もいなっかたので、
(大阪人なのに通天閣に上ったことが無いみたいなかんじですね。)
ホンマに軽い感じで応募しました(笑)
で、どんなことをやっているのか興味があり、イロイロ調べると(普通・・参加する前に調べるわな・・・)
歴史があり、
市民参加型で『見せる』というのが大事だということなので、
我々も『アートは自己満足だけではない。他人に見てもらい感じてもらうこと』 を目標としているので、参加をきめました。
出場するにあたり出し物は・・・。 『パレードする台車の上で壁絵を書く』・・・大阪市立大学美術部の『ライブアート』と呼ばれるパフォーマンスを
先頭に・・・台車の上で絵を書くなんて・・・御堂筋パレード初の試みだとか・・。


写真はライブアートの模様
ライブアート




ライブアート


その後ろに続くのがワークショップチームです。




『御堂筋パレード関連ワークショップ参加案内』



さらに・・よくよく研究してみると・・。
企業の宣伝台車ばっかりやん。
大阪の市民の祭りやのに・・・・・・・。
御堂筋パレードは一人では参加できません。
『友達100人いてて、さぁ!!みんなで出よか!!』って人ならすぐに出れます。(審査がありますが)
一般の方がなかなか、ハイそうですかって参加は難しい。

ので・・・・
我々の<ワークショップ>通して個人参加でパレードに参加するというのはどないです?
『見せる事』をしなくてはいけないので、
目立つ事をしましょう。




『もったいない』をテーマに!!リサイクルされるアート!!



今年のA−yan!のテーマは『もったいない』です。
身の周りのものや、新聞紙や広告紙、牛乳パックの再生紙で作られたダンボールで
仮装をしましょう!!
(終わったあとはまた再生紙に!!)

『帽子』・『仮面』・『服』を作りましょう!!
仮面

仮面

新聞服

新聞服

親子で参加とかそんなん面白そうかとおもいます。

そうそう、なんと順位があります。(初めて知った)
我々A−yan!は『初出場・初優勝』目指したいとおもいます(笑)




『御堂筋パレード関連ワークショップの講師』





世界最大の美術イベント イタリアビエンナーレにも出場した帽子アーティスト『TOMY』。
『TOMY』プロフィール。
『TOMY』


大阪アートストリームで活躍の仮面作家の『土井のりこ』。
『土井のりこ』プロフィール。
『土井のりこ』


イタリアビエンナーレ、各種メディアで取り上げられている新聞紙でパフォーマンスする『新聞女☆miyuki』。
『新聞女☆miyuki』プロフィール。
『新聞女☆miyuki』


『新聞女☆miyuki』

これら講師のワークショップを通じ市民参加を呼びかけ、

見て楽しむ御堂筋パレードから
参加して楽しむ御堂筋パレードへ!!








『スケジュール』



8月チラシ配布中。
現在プレスリリース中。

9月上旬ライブアートテスト。

9月中旬ワークショップ開始。

10月9日本番。


すんませんワークショップの日時場所は近日中に発表します。

プロデューサー 田中 やんぶ

お問合せ/ A−yan!事務局



このページ上に戻る


表紙へ戻る